第2志望の大学は真剣に!

avatar
神戸大学が第1志望。でも、ちょっと受かりそうにない。金沢大学が第2志望。金沢大学も好きなら問題ありません。どちらもいい学校です。しかし、あまり他の大学に興味がない人や、どうしても神戸大学で学びたい人は、GREAT GRITを第2志望にして、来年神戸大学を目指すという選択肢もあります。
avatar
GREAT GRIT 2021年度生の80%が、春(入学時)の第一志望校に合格!!現役時代はE判定だった大学や、センター試験の結果を見て受験を断念したあの大学に、1年後合格できた人が8割。本年度は全員、春(現在)の第一志望校合格を目指しています。
avatar
浪人するかどうか迷う一番の理由は、あと1年頑張っても合格できるかどうか分からないということだと思います。でも、よく考えて!300日もあって成績が上がらない方がおかしくありませんか?私たちが1年後の合格へのルートをお見せします。
avatar
浪人を第2志望や第3志望に、加えてみようと思った君に、少し厳しいことを・・・。現役合格目指して頑張ってください。今年、最後の最後まで頑張らない人は、浪人しても頑張りません。【残りの150日】または【450日】で合格を勝ち取ろう。150日もあれば、まだまだ伸びますよ!

令和時代の予備校GREAT GRITって?

黒板授業
普通の予備校
昭和&平成時代の予備校

浪人生の金沢三大予備校といえば、、、昭和時代開校の金沢駅西予備校さんと中央予備校さん、そして、平成時代に育英予備校さんが開校しました。石川県内の進学校(金沢泉丘・金沢二水・金沢桜丘・金沢錦丘・小松・七尾・星稜・・・)でも、浪人が決まったら、それらの金沢三大予備校を勧めることが多いようです。

3校とも人気の予備校さんです。どこを選んでもハズレはないのかもしれません。しかし、すべてが集団授業の予備校さんです。浪人生にとっては、失敗が許されない1年です。その1日1日大切に過ごしたいのに、そのパートナーである予備校を、3つの黒板スタイルの予備校から選ぶことしかできないのでは選択肢が少なすぎます。

普通の予備校生
こんな1年は嫌だ!
令和時代の予備校

塾の場合はどうでしょう?昭和時代は、学校と同じように黒板で授業をするのが塾の一般的なスタイルでした。平成時代には個別指導学習プランニング型が主流になり、いつのまにか黒板授業をする塾を探すほうが難しくなりました。予備校にも、個別指導があってもいいのではないだろうか?そう思って開校したのがGreat Grit(グレートグリット)です。黒板授業をあと1年受けても合格を勝ち取る自信がないキミのための予備校です。

Great Gritでは、10月には全受験科目の、共通テストと二次試験の学習をすべて終えて、過去問演習を3ヶ月以上する予定を立てました。その結果、予想以上のハイペースで、一期生全員予定通り学習が進みました。私たちの言う「進む」はただ終わらすことではありません。完全にできるようになることです。6月時点で、センター過去問や共通テスト予想問題、大手予備校の模試過去問を何度解いても、現役時代より、高得点を取れるようになりました。

浪人生活にワクワク!

スーパー予備校
令和の予備校 グレグリ・スタイル
ハッピー予備校がコンセプト

なぜか日本では浪人することに暗いイメージを持つ人がいます。予備校はコソコソ通うもののようなイメージを持つ人もいます。でも、それはおかしくありませんか?
 
憧れの大学に合格することだけを考え、そのために努力する1年。ワクワクしないはずがありません。「辛い」「苦しい」「逃げ出したい」そんな気持ちでは、10ヶ月も頑張れません。

「大学生になったら・・・!」「よし、できるようになった!」「あとは漢文だけ」「今日は微分積分完成!」そんなことを思いながら、勉強し、毎日学習効果が実感できるなら、あっという間の10ヶ月です。

石川県金沢市の大学受験予備校 GREAT GRITは ハッピー浪人生がコンセプトの予備校です。これは、結果は二の次という意味ではありません。浪人生専門予備校なのだから、最優先するのは「第一志望校合格」です。入学すれば合格確定が目標です。そのために、毎日ハッピーに過ごしてもらうのです。ストレスなく、努力し続けるからこそ、最大の効果を得られるのです。

辛い気持ちで暗記するのと、明るく前向きな気持ちで暗記するのを想像してみてください。明るい大学受験専門予備校で前向きにやる効果の大きさは、簡単に想像できます。

令和3年度は20名募集します!普通の浪人生対象予備校は4月スタート。浪人生のための大学受験予備校GREAT GRITはお申し込み後すぐ受験勉強をスタート!大学受験で、数週間、数ヶ月のアドバンテージが大きいことは、皆さんご存知ですよね。興味を持っていただいた方、まずは面談にお越しください。

金沢に、普通じゃない予備校登場!

グレートグリットの生徒
成績アップが当たり前
これが、普通の予備校との違いです

● 必要な科目をレベルに合わせて、必要なだけ学習!
→現役時代に合格レベルの科目があれば、4月から二次対策をする。
→苦手科目は、志望校に関係なく超基礎から時間をかけて学習。

● 黒板授業や動画授業を超える徹底演習スタイル
→ 生授業より、動画のカリスマ講師の方が授業は上手。
→ オンライン個別指導なら、全国の優秀な講師から直接学べる。
→ レベルに合った問題集で演習を繰り返せば、最も早くマスターできる。ただし、進捗管理や確認テストをするトレーナーが必要。

● パーソナルトレーナーが毎日あなたをサポート
受験に最も必要なのは何か?毎日ペース管理をしてくれるパーソナルトレーナー。それが大学受験予備校GREAT GRITの答えです。学習プランを作り、ペース管理を毎日してくれるパーソナルトレーナーと共に、合格への最短距離を走る。パーソナルトレーナーとの出会いが1年後の合格を決めます。みんな同じ時間割ではなく、1人1人の時間割(学習メニュー)を毎日調整しながらゴールに向かう予備校がグレグリなのです。

普通の予備校の方がいい人もいる!

こんな君にはGREAT GRITより集団授業型予備校

● あと一歩で難関大合格を逃した。来年も同じ大学を受けたい
難関大があと一歩の成績だったなら、奨学金で授業料免除になる可能性が高いので、お得です。各種講習授業料は必要なことが多いので注意してください。また、あと一歩で合格できたなら、ガムシャラに受験勉強するGREAT GRITの環境は必要ないかもしれません。

● もう1年高校3年生の生活をしたい
家で予習してから授業を受け、復習する毎日が好きなら集団授業の予備校がいいでしょう。予備校友達ができて、下校時や、昼休みに楽しくワイワイ息抜きをという雰囲気も期待できます。そのような楽しさはGREAT GRITにありません。あるのは、毎日ドンドン解ける問題が増えていき、成績が上がる嬉しさです。

必死に努力して苦労するより、少しやって入れる大学を目指す。
のんびり、MARCH・関関同立・中堅地方国公立を目指すなら、毎日みんなで真剣勝負の予備校GREAT GRITは居心地が悪いと思います。現役時代よりワンランク上を目指し、余裕で合格したい人の集まりです。全力で第1志望校を目指すならGREAT GRIT。

体験して予備校を比べよう!

体験せずに入学しないで!

入学説明会/面談
チェックポイントは2つあります。
あなたを合格に導くノウハウがあるか?
進路指導・家庭学習のサポートが期待できるか?

体験学習
実際に受講して、それが300日続けば合格できるか?
合格への具体的な道が見えるか?
それらが見えるなら、あとは予備校を信じて頑張るだけです。

受験勉強開始
予備校選びは大切です。しかし、あなたの行動が合否を決めることを忘れずに。どこに通ってもあなたが1年間頑張らないと、結果は期待できません。