人に褒められたくて、頑張ったんじゃない。好きで浪人したんじゃない。どうしても、1年生の時に憧れていた北海道大学に入りたかった。ただそれだけ。工学部は、どこにでもある。金沢大学、富山大学、富山県立大学どこに入っても、学びたいことは、学べるだろう。でも、ずっと北海道大学を目指していたので、他の大学は考えられなかった。共通テストの自己採点でまあ、いつも通りの得点。どう考えても合格は難しい。よく、塾の広告で見た「E判定からの逆転合格」はないのだろう。特に、国立大学の入試科目は多く、その全ての合格点が合格ラインに入っていないのだから、最後の数ヶ月間頑張ったぐらいで、逆転できない。合格発表のドキドキも高校受験の時ほどではなかった。全ての入試が終わった後、周りの友達から、B判定からの不合格はよく耳にしたが、E判定からの合格は聞かなかった。願書を出した時点で、浪人することに決めていた。浪人を決めていたので、ずっと勉強し続けた。アレコレ考えた日も無かったわけではないが、英単語や古文単語をもう一度覚えた。知らない単語が多く、地理の教科書を復習しても、物理の重要問題集を解いてみても、数学のチャートやフォーカスゴールドを開いてみても、知らないことだらけだった。それで合格してたらおかしいと思った。そして、予定通り、浪人することにした。予備校グレグリでもらった「年間計画表」の通り、学習を続けた。母には「毎日よく頑張るね」と言われたが、予備校で9時間勉強して、帰って数時間勉強しているだけだから、頑張っている感じとは少し違った。浪人生活を始める前に、よく聞く浪人生の言葉を思い出した。「何で俺はこんなことしているのか?」「このまま続けても合格できるのだろうか?」自分にも、そう思って勉強を投げ出したくなる日があるかもしれない。そう思っていたが、実際にはなかった。ずっとポジティブだったとは言えないが、ダメかも?と思ったことはない。1年後に合格できることはずっと見えていたから。そして、共通テストの過去問を解くと、現役時代に取ったこともない高得点を必ず取ることができたから。楽しい毎日ではない。でも、嬉しい毎日ではあった。浪人して良かったかと聞かれると、現役合格したかったのだから、Yesではない。でも、友達にはこう言われた。
友達A

え!
北海道大学受かったん?
まじか、おめでとう!!
うわ〜すげ〜
俺も浪人すれば良かった。