金大 2次試験重視 高い意欲求め来年の入試から改革

思考力や表現力を問うため大学独自の個別学力検査(いわゆる二次試験)を重視し、共通テストと合わせた配点の比率を60%以上に上げる。

2020年7月28日 中日新聞


2021年 金大の二次比率が上がった!

石川県の大学で最難関の金沢大学[偏差値 52.5〜65.0]ですが、2021年度から、共通テストと比べて、二次試験のウェイトが60%以上(学類による)と、非常に高くなりました。

そうなると、共通テストがうまくいかなくても、二次試験で逆転合格しやすくなった!!と思いたくなりますが、実際はどうなのでしょうか?

その前に、金沢大学はそんなに簡単に入れる学校ではないことを知っておいてください。

上位の進学校〔泉丘高校、二水高校、小松高校、七尾高校、星稜Aコース、金沢高校Sコース〕では、1年次から、金沢大学より上の難関大学を目指すように言われますよね。金沢大学ではなくもっと上を目指すように。

桜丘高校・錦丘高校・金沢西高校・羽咋高校・小松明峰高校では、金沢大学を目指すように言われることがよくありますね。

よい目標だと思います。しかし、金沢大学が、わりと簡単に入れる大学だと思ってはいけません。高校別の合格者数を見てください。

2021年度 高校別 金沢大学合格者数

石川県の高校2021年度 2020年度
金沢二水高校10283
金沢泉丘高校75109
金沢桜丘高校6261
小松高校5464
金沢錦丘高校4041
七尾高校2721
星稜高校2626
金大附属高校1723
羽咋高校1211
飯田高校116
金沢高校810
金沢西高校75

その上の難関大学合格者が泉丘には約150人、小松に約50名、二水に約30名、桜丘に約20名いることと、公開されている合格者数(表の人数)は浪人生を含んでいることを考慮に入れると、泉丘200位、二水100位、小松70位、桜丘・錦丘なら30位ぐらいで合格可能ということになりますね。石川県のみなさんなら分かると思いますが、泉丘の中位や、西校, 金沢のクラス1位でも厳しいということです。金沢大学に合格することは、簡単ではないことだけは知っておいてください。

金沢大学 2022年度の配点比率

融合学域

学類テスト合計
先導共通
文系
500
800
先導共通
理系
450
850
二次試験は、文系傾斜・理系傾斜を選択できる。
学類テスト合計
観光共通
二次文系
450
850
観光共通
二次理系
450
850
二次試験は、文系傾斜・理系傾斜を選択できる。

人間社会学域

学類テスト合計
人文共通
二次
500
750
法学共通
二次
400
600
経済共通
二次
600
900
国際共通
二次
1000
1500
教育
A
共通
二次
400
600
教育
B
共通
二次
400
600

理工学域

学類テスト合計
数物
化学
共通
二次
900
1350
物質
化学
共通
二次
900
1350
地球
社会
共通
二次
900
1350
生命
理工
共通
二次
900
1350
機械
共通
二次
900
1350
フロンティア
共通
二次
900
1350
電子
情報
共通
二次
900
1350

医療保健学域

学類テスト合計
医学共通
二次
450
1050
薬学共通
二次
800
1200
看護共通
二次
900
1400
放射
共通
二次
700
1000
検査
技術
共通
二次
900
1600
理学
療法
共通
二次
900
1500
作業
療法
共通
二次
900
1500
青は2022年度変更

金沢大学 二次試験でD判定から逆転は可能か?

上の配点を見ると、明らかに二次試験重視になっていますね。
共通テストリサーチで、A判定, B判定でも安心できません。ということは・・・

共通テストのボーダーライン(合否が分かれるライン)が下がる?
逆転しやすい?(されやすい!!)
C判定からでも合格できる?
D判定から逆転合格できる?

模試でいつもA判定だったのに、共通テスト本番だけD判定だったなら、ある程度実力があるのでしょうから、二次試験で合格を勝ち取ることは可能です。特に今年(2022年)の共通テストは過去最高の難易度でしたので、それに対応できずに点が思うように取れなかった人も多くいるでしょう。その場合は、合格できる可能性はあります。

これまでも模試ではずっとD判定で、共通テストリサーチでもD判定だったけど、最後に必死で勉強して逆転を目指すというのはハッキリ言って難しい。A,B判定の人も同じぐらい頑張りますからね。

もちろん、二次試験の科目が得意で、それらの得意科目だけは共通テストでも高得点を取れているならまた話は別です。

さて・・・

ここまで、表まで使って、いろいろ書いてきましたが、、、受験する大学を選ぶのは簡単です。

金沢大学D判定・E判定の皆さん!
ここからが重要!!!!

実は、悩むほどのことではない!

絶対に金沢大学を受ける人と、他も考えている人に分けて書きます。

もし君が、他の国立大学に魅力を感じない。金沢大学を受けたい。合格できなければ、比較的簡単に入れる私立大学に進学するか、浪人するつもり。つまり、他の国立大学を受けるつもりがないなら、することは1つ。

すぐ勉強しよう!!
いろいろ気にしてないでやって!!
だって、受けるんでしょ。
少しでも多くの問題を解けるようにしないと、
可能性はどんどん低くなるよ。
D判定だったことより、
今全力で頑張っていないならそれを気にしましょう!!

もし君が、無理するぐらいなら他の大学を考える。現役合格にこだわり、A,B判定の国公立大学を受験するなら、することは1つ。

すぐ勉強しよう!!
そうしないと、A,B判定の受験校にも
受からなくなります。
大学受験は受験校を少し下げたぐらいで
合格が確実になるほど甘くない。

これからも、このサイトにいい記事をいっぱい書くかもしれないけど、そんなの読んでないで、すぐにやって!!

ネットで色々検索すると、不安になることが多く、安心できることはあまり書いてない。というより、どんなことを言われても、君自身がそれらをマイナスに捉え、不安になることが多い。その逆に、安心できる記事を読んで油断し、学習量が減るのはもっと危険。いずれにせよ、ネットの情報収集はもうやめよう。

受験することに危機感を持つのではなく、今、勉強していない(知識が増えていない)ことに危機感を持ってください。君に必要なのは、情報ではなく、知識!

大学の合格ラインが向こうから離れていくことはありません。

あなたがそれに近づけばいいのです。

何をすればいいの?

「やれ、やれ」「がんばれ」というだけではなく、何をすればよいのか書いておきますね。まずは赤本です。

過去問を繰り返しましょう。しっかりと赤本を繰り返した人は、確実に合格することは確かです。過去問を解いて、弱点が見つかったら、参考書や問題集に戻って学習しましょう。そしてまた過去問に戻る。それだけです。

英単語、古文単語は、やらないと忘れるので、ずっと復習し続けてください。さらに、詳しい直前の勉強プランはこちら