ミッション系グローバル大学といえば、上智大学。上智大学は、ギリシャ語由来の「ソフィア(叡智)」という名前でも親しまれています。


もくじ

上智大学ってどんな大学? 

上智大学の歴史

上智大学の起源は古く、聖フランスシスコ・ザビエルが日本での大学創立を訴えたことから始まります。このため、日本で唯一のカトリック系神学部を有した大学です。大学としての歴史は2013年に創立100年を迎えています。
キャンパスは四谷、目白聖母、石神井、秦野の首都圏他に、大阪にサテライトキャンパスがあります。

学部

神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部

上智大学のココがいい!

ここは日本?!

上智大学といえば、やはり国際色が豊かなグローバルな大学として有名。四谷キャンパスに一歩、足を踏み入れると、英語だけでなく様々な言語が聞こえてきます。
上智大学全体では、92ヶ国の学生(2020年5月現在)が在籍しています。日本にいながらにして留学の気分が味わえるのも、上智大学ならではですね。

充実の留学制度

一方で、上智大学は、世界各地の300校以上の大学と交換留学協定を結んでいます。その他にも、一般留学(学位授与権のある大学に留学)や短期留学制度が充実しています。また、留学サポート相談や留学生希望者への専用サイトなど、手厚い留学支援が魅力の一つです。

就職実績もグローバル

上智大学の卒業生就職先ランキング(2021年度卒業生)を見ると、やはり就職先もグローバル。ランキング1位に英語を社内公用語とする楽天や、2位ANAなど世界で活躍できる人材を輩出しています。文系だけでなく、理系の大手メーカーにも強いです。

見あげるソフィアタワー

四谷キャンパスの6号館として、2017年に地上17階、地下1階 の「ソフィアタワー」が竣工しました。こちらは、上智大学の教室はもちろんのこと、あおぞら銀行の本社が入るなど、教育研究施設とオフィスビルが融合したビルです。上智大学から、あおぞら銀行のインターンシップの受け入れなど新しい形で相乗効果を発揮するビルとしても注目を集めています。

見どころたくさん

四谷キャンパス周辺は、実は見どころもたくさん。四ツ谷駅(各路線)から7分ほど歩くと、迎賓館赤坂離宮があります。先日、アメリカのバイデン大統領と岸田総理大臣の首脳会談が行われたことでも有名です。一般公開もされているので、貴重な建築物とその雰囲気を十分に感じられます。
また、数年前にはアニメ映画「君の名は。」の聖地巡礼としても多くの方が訪れました。四ツ谷駅を拠点に、須賀神社の階段、街並みなど散策するのも楽しいです。

出身有名人

細川護熙(元首相)
井上ひさし(小説家)
阿部亮平(アイドル)

石川県高校別 上智大学合格者

過去3年間の合格者数

高校名202020212022
泉丘448
二水25
小松424
桜丘
七尾1
大聖
明峰
志賀1
西2
明倫
錦丘1
金附148
星稜
北陸
金沢

石川県全体からは約15人ほど合格しています。

学部別 受験難易度

         学部         偏差値
文学部62.5~67.5
神学部55.0
外国語学部60.0~70.0
総合人間科学部57.5~70.0
総合グローバル学部65.0〜67.5
法学部65.0
経済学部60.0~70.0
理工学部60.0~62.5
河合塾

学部別 倍率

学部20202021 2022
神学部6.84.03.3
文学部4.23.53.3
総合人間科学学部6.15.04.5
法学部5.43.73.1
経済学部6.84.83.0
外国語学部3.92.72.9
総合グローバル学部4.83.84.1
理工学部3.92.21.6
河合塾

まとめ

歴史と伝統ある上智大学は、グローバル人材を育成することで、次世代を担っています。新たな時代を切り拓く、環境に身を置いてみてはいかがでしょうか。