石川県の高校生に人気の神戸大学の合格プランを公開します。

まず初めに石川県の高校別合格者数(過年度生を含む)を見てみましょう!

神戸大学201920182017201620152014
泉丘171919172218
小松1599677
附属1 1242
二水626573
桜丘223 11
錦丘321 3 
羽咋  1   
星稜 22 2 
七尾44 5 3
高専1     
1     
小松名峰 1    
輪島     2
金沢     3

地元金沢大学と神戸大学とで迷っている受験生もいると思いますが、傾向が大きく違うので、早めにどちらかに絞って対策をするのがベストです。

神戸大学は、難関国立10大学の中で、センター比率が高めです。[センター:二次試験]は、学部にもよりますが、だいたい[1:1]です。これは、センターで十分得点を取る必要があるということです。

県内の進学校(泉丘・二水・桜丘・錦丘・星稜・金沢)では、早ければ夏休み、遅くても12月から、センター対策をします。センター用の問題集・実践問題集・パック・・・など、学校でするものをしっかりと復習しましょう。そして、自分では、二次対策をしておきたいところです。

神戸大学の英語

英作文がほとんどの金沢大学とは異なり、和訳問題の割合が高いのが神戸大学です。ちなみに、名古屋大学は前半が神戸大学に近い傾向で、後半が金沢大学に近い傾向です。

大問1〜3の問題だけピックアップします。95点満点です。
● 空所に入る適切なものを選択肢から選ぶ。
● 下線部を日本語で説明。
● 下線部和訳。
● 本文の内容と合致するものを選択肢から選ぶ。
● 内容に関する問題。

大問4が英作文。30点満点です。

英語の学習にかける時間が少ない(他の科目にも時間が必要)なら、作文対策はしないで、センター試験と大問1〜3までの対策をしっかりしておいた方がいいです。

でも、注意してください。この作戦で神戸大学を目指す場合、センター後に志望校を金沢大学に変更すると、英作文が必要になります。英作文が得意なら問題なし。苦手なら英語に関しては不利です。千葉大学・富山大学・富山大学・大阪市立大学などは、英作文問題がないか、少ないので、神戸大学の勉強をしていても対応できます。

それでは、問題構成から書きます。大問1,2,3は約500語の長文問題です。大阪大学・名古屋大学・金沢大学が700〜1000語の長文が2問。神戸大学は500語が3問です。少し短めで、様々なジャンルから出題されるのです。

最近出題されたジャンルを簡単に書きますね。

大問
2019年天体運動バイト代
2018年物理心理学家族
2017年学校科学研究ユーモア
2016年運動集団行動食事会
2015年教育動物カラスの群
2014年医療数学旅人
2013年生物科学旅行

センターパックや実践問題集で70%超えるようになったら、あとは様々なジャンルの英文を読めるようにした方がいいです。超定番のこの2冊のうちの1冊だけしっかりやっておきましょう。学校で使っている人もいるかもしれません。

1.速読英単語 必修編

特徴1  様々なテーマの英文を読みながら単語を覚える。1つ1つの英文が短めなのがいい。

特徴2  単語を覚えるためではなく、様々なジャンルの英文を読むために使う。

2. やっておきたい英語長文500

速読英単語をやったことがない人や、やったけど、あまり好きではない人、気分を変えたい人は、「やっておきたい英語長文500」でも問題ありません。どちらかで十分です。

特徴1  500語前後の英文を20問。語数(400〜600語)、難易度(やや難しい)、設問形式(内容理解問題や和訳中心)が、神戸大学の入試問題にぴったり。

特徴2  様々なテーマ、ジャンルの英文が収録されている。詳しい英文の解説付きなので、訳す技術を身につけると同時に、頻出テーマの専門知識も付けられる。

「ポレポレ英文読解プロセス50」, 「リンガメタリカ」は、難関大学を目指す時の定番ですが、マスターするのに時間がかかりますので、秋以降に開始することはオススメしません。

神戸大学の文系数学

文系の試験時間は80分、問題数は3問

まずはセンター試験で8割取れるようにしましょう。最初にも書きましたが、センターと二次試験の割合が同じなのですから、センターで取っておきたいところです。また、二次試験の難易度はセンター+αです。ただし、答えにたどり着くために、複数分野の知識が必要だったり、多くの計算が必要だったりします。

数学が苦手なら、、、部分点をねらえ! 数学I・A・II・B

神戸大学頻出の【微分積分・ベクトル・確率】をまず完璧にしましょう。オススメの順番を書きますよ。まずはこの27問をスラスラ解けるようにしてください。
① 13章:ベクトル8問 → ② 12章:1微分積分9問 → ③ 5章:確率10問

特徴  タイトルからは、途中点を稼ごう!というコンセプトに感じるが、実際は良問を丁寧に丁寧に解説されている問題集だ。部分点を取る方法はもちろん、完全解答までを丁寧に導く問題集。

神戸大学の理系数学

理系の試験時間は120分、問題数は5問

次の2冊(数1A2B, 数3 各1冊)と過去問。

理系数学の良問プラチカ

ある程度、数学ⅠA, ⅡBの学習が終わった秋(まだなら迷わずセンター対策をしよう)から始める最後の1冊。この150問で完成させましょう。難しい大問はいくつかの小問(1)(2)(3)…とスモールステップで答えに誘導してくれます。このプラチカも同じような構成です。金沢大学と難易度は変わりません。しかし、、、試験時間は金沢大学と同じで問題数が1問多いのです。数学に関しては金沢大学と神戸大学では同じ対策でもよいですが、神戸大学の場合、解くスピードが必要です。時間を計って過去問を解きましょう。

特徴  解説が必要ないほど解答が詳しいので、そのまま書けるようにすればよい。

数学Ⅲ 実力UP!問題集

神戸大学の理系数学は5問中2,3問が数Ⅲから出題されます。それなら、数Ⅲもプラチカで・・・と思っても、それは避けてください。数Ⅲのプラチカは難しすぎます。それが問題なく解ける実力なら、他の科目の勉強をしてください。

特徴  数学3の問題集や参考書は、難易度が高いものや、基礎から解説してないものがほとんど。この「合格Ⅲ」は、難易度の高い問題も解説が詳しい。