浪人生の予備校・GREAT GRITが、現役合格を本気で応援する企画です。

さて、このホームページでは、これまでに[京都大学・神戸大学・金沢大学]の英語、数学の秋からの学習メニューを公開してきました。レベルだけではなく、出題傾向に合わせたメニューです。

今日は、難関大学[東京大学、京都大学、大阪大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、九州大学、一橋大学、東京工業大学、神戸大学]の化学・物理(理系)の学習メニューをご紹介します。北陸の国立大学[富山大学・金沢大学・福井大学]にも完全対応!

理科に関しては、センターだから、二次対策だから、この大学の場合、、、と考えるのではなく、どの範囲もしっかりと理解していないと、センター8割も、二次試験で合格点を取ることも難しいのです。そもそも、「センター」とか「二次」とか「新共通テスト」と言っても、学習する範囲や内容が異なるのではなく、形式と難易度が違うだけですからね。

様々なテキストを研究した結果・・・化学・物理で、今からやるべきテキストは、これだ!

化学の過去問前、最後の1冊

Evolution

これは、出たばかりのテキストですが、素晴らしい!書店で見つけて、すぐ買って、すぐ研究しましたが、今年から、受験生最後の1冊に決定しました!
こんなテキストを待っていたんです。簡単に言うと、英語の定番テキストNextageやVintageの化学版です。左ページに頻出問題を網羅し、右ページに詳しくてシンプルな解説がスッキリと書いてあるパターンです。

特徴
問題、解説、レイアウト、デザインすべてが揃った、まさに問題集のEvolution(進化形)!

物理の過去問前、最後の1冊

秘伝の物理・問題集

最高に解りやすい「秘伝の物理」シリーズ。
講義テキストが2冊ありますが、
学校の授業が終わっている今の時期なら、
この問題集がいいです。

特徴1
超定番「物理のエッセンス」「良問の風」「名門の森」の解説がしっかり理解できるなら必要ない。それらのテキストで苦戦した経験があるなら、もっともっと解説が詳しい「秘伝」。

特徴2
どんな難問でも、基礎から丁寧に丁寧に解説してあるのがよい。「それぐらい解るし・・・」とちゃんと読まない人は(何の科目でもそうだが)最後に伸びない。最後に伸びる人は、すべての解説をしっかりと読む人。

センター対策が必要ない超難関を目指す君の1冊

秘伝の物理・問題集

東大・京大・東工大を目指す人で、
マーク模試で毎回85%超えている人なら、
Highの方をしておくといいでしょう。

終わったら、過去問へGO!

センター前ならセンター過去問を。解いて、解説使って解き直して、繰り返す。9割取れるようになります。

二次の前なら二次試験の過去問を。

過去問の解説を読んで理解できないのは、問題が難しいとか、解説が詳しくなくて解りにくいのではなく、それを理解できるレベルになっていない可能性が高いです。

できなかった範囲だけでも構わないので、化学はEvolution, 物理は秘伝をもう一度やってから、過去問に戻りましょう。