私たちの予備校のウリは、パーソナルトレーナーによる、合格プランニングと毎日学習サポートですが、実は、英作文添削と、小論文添削にも力を入れています。

今回は、英作文の添削指導をご紹介します。

Great Gritでは、英作文添削を外部のネイティブスピーカーに依頼しています。

しかも、普通の?ネイティブスピーカーではなく、英語を母語としない人に3年以上英語を教えた経験があるネイティブスピーカーだけにお願いしています。

ここまでする予備校は絶対にないと思います。

「だから、うちもやらない」という選択肢もありますが、サポーター全員が「だからこそ、うちはやる!」という考えです。

他と同じぐらいの努力をしたら、他と同じ結果。予備校の合格率も、生徒の成績も同じです。信じれれないほどのレベルのことをしたら、信じられない結果。

これまでに誰もやらなかったことを、一つ一つしっかりと続けることが、新しい予備校Great Grit(グレートグリット)の生徒の成績を上げ、私たちの予備校を強くしていくと信じています。

それでは、実物を見ていただきましょう!

上の「英文原稿」は、実際にグレートグリット生が書いたものです。
下の「添削結果」は、ネイティブスピーカーによる添削です。

さらに、次のような細かいアドバイス付き。しかも、どう直したかは日本語です。おそらくテンプレートがあるのでしょうね。これは親切。そして「なぜ良くないのか」「なぜ直したのか」は英語で詳しく説明!
このように、模試、過去問や問題集の英作文を書いて提出したら、追加指導料なしで何度でも英語指導経験3年以上のネイティブスピーカーの添削指導を受けられます。

そして、次のようなアドバイスまでもらえます。

先生からのアドバイス

This is a nicely written sentence. Let’s see if we can organize the information a little bit differently. The phrasing “any lives like lives in the Earth in other planets” is
slightly awkward.

I used the singular “life” in the same way that I did in the second sentence. Since I changed “life” to a singular form, I also changed the plural verb “are” to the singular verb “is.”

When we cite an example mid-sentence, we put a comma before the example and
after the example. “Such as life on Earth” is an example. The example can be
removed from the sentence, and the sentence will still have the same basic meaning:

“This is why, when we judge whether there is any life on other planets, we try to find liquid water first.”

“On Earth” means the surface of the Earth. “On other planets” means the surface
of other planets.

大切なのでもう一度!

このクオリティの添削指導を、模試、過去問や問題集の英作文を書いて提出したら、追加指導料なしで何度でも英語指導経験3年以上のネイティブスピーカーの添削指導を受けられます。

東京大学・京都大学・大阪大学などの難関大学の二次試験問題は、当然難しいです。

日本語訳を読んでも難しく感じる受験生が多いでしょう。それを読んで、和訳や英訳をする問題が多いです。

和訳問題では、英語の構文をしっかりと理解して訳さないと得点になりません。

英訳問題は、日本語を正しく理解して、それに合う英文を書く必要があります。

それらも伸ばしていきますが、限界があります。

しかし、英作文なら、満点を取れるのです。

英作文満点への道は、シンプルです。

まずはインプット!
英作文の技術を身に付けます。テキストで、技術を学び、よく使う表現をすべて覚え(←これが大切)、日本人が間違えやすい英文をしっかり学びます。インプットがおろそかな状態で、いくら英作文を書いて添削指導を受けても上達はしません。

その後、アウトプット!
十分インプットをしてから、英文添削指導を開始します。実際に書いて、直してもらい、何度もチャレンジして上達するのが英作文です。