石川県の三大予備校[金沢駅西予備校・金沢中央予備校・育英予備校金沢]の、コースや学費、進学実績について、調べてみました。

金沢三大予備校のコース比較

金沢駅西予備校金沢中央予備校育英予備校金沢
メイン東大・京大
国公立医進
難関国公立
総合国公立
金沢大
難関私大
総合私立第
難関国立
文系ハイ
理系ハイ
理系/文系
個別指導
芸術系
高認
サテライン
難関大選抜
準難関大
国立 理系/文系
金大 文系/理系
医学科選抜
医歯薬獣医
医療系
難関私大
私立文系
私立理系
オプションPLUS講座
夏期講習
冬期講習
夏期講習
冬期講習
夏期講習
冬期講習
各予備校の2020年HPより

金沢三大予備校の学費比較

国公立金沢駅西予備校金沢中央予備校育英予備校金沢
入学金100,000円50,000円100,000円
コース費用540,000円540,000円540,000円
講習費用120,000円〜20,000円〜HPに掲載なし
オプションPLUS講座
合計760,000円〜610,000円〜640,000円+講習
各予備校の2020年HPより

上記は受験5科目コースの比較です。3科目や2科目だけ受講できる予備校もあります。
その他に、教材費・進路指導料などが必要になることがあります。
オプションを受講する場合、別途授業料が必要です。

avatar
保護者
細かい違いはありますが、だいたいどこも似たような金額ですね。入学金と合わせて、国公立で税込約70万円、私立3科目で約60万円。オプション・講習費を入れると100万円。金沢の典型的な予備校の相場なのかしら・・・

金沢三大予備校の特待生制度の比較

方法金沢駅西予備校金沢中央予備校育英予備校金沢
支給額A:授業料全額支給
B:授業料半額支給
C: 10万支給
A:授業料全額支給
B:授業料半額支給
C: 10万支給
A:授業料全額支給
B:授業料半額支給
C: 10万支給
全国模試
偏差値
A: 65
B:62〜65
C:58〜62
A: 65
B:62〜65
C:60〜62
A: 65
B:62〜65
C:56〜
センター
試験
A: 760点〜
B:740点〜
C:720点〜
A: 760点〜
B:720点〜
C:680点〜
各予備校の2020年HPより

金沢三大予備校の合格実績

国公立金沢駅西予備校
+富山予備校
金沢中央予備校*育英予備校
金沢+富山
東京大11110
京都大916
大阪大1119
北海道大516
東北大1014
名古屋大514
九州大21
神戸大814
東工大11
一橋大1
金沢大37154
富山大26143
福井大814
筑波大44
千葉大83
広島大82
新潟大1010
信州大88
各予備校の2020年HPより。中央予備校様は体験記掲載数。
私立金沢駅西予備校
+富山予備校
金沢中央予備校育英予備校金沢
早稲田大2321
慶応大423
上智大146
東京理科大2626
明治大2141
青山学院大13
立教大814
中央大1225
法政大1116
同志社大5221
立命館大12692
関西大4039
関西学院大167
同志社大5221
立命館大12692
星稜大44
金沢工大3440
北陸大20
東京女子大26
近畿大4752
京産大2836
各予備校の2020年HPより。中央予備校様は体験記掲載数。

合格実績について

「数字のマジック」として、メディアでもしばしば取り上げられますが、塾や予備校の合格実績ほど、気をつけなければならないものはありません。

 大阪大学を100人受けて20人合格したひまわり予備校と、5人受けて4人合格したスイートピー予備校では、どちらに通いたいでしょうか?合格実績だけみると、それぞれ「大阪大学20人合格」「神戸大学4人合格」となります。合格率だと「大阪大20%」「大阪大80%」
 前者のほうがキャッチーですね。宝くじ理論といい「1等5億円が当店から出ました!」と言われると自分も当たりそうに思うあれです。冷静に考えてみると、くじの販売数・生徒数が同じではないと比較できないことに気付きます。そして、大切なのは「合格者数」ではなく、「合格率」だと気付きます。
 さあ、ここからが問題です。実は、合格率もあまり重要ではないのです。「神戸大学80%合格」を謳うスイートピー予備校が、東大・京大がC判定の子は、確実に合格できる神戸大学にするように指導する方針(守りの進路指導)なら、神戸大学の合格率は上がります。一方、ひまわり予備校が、第一志望がD判定でも諦めず受験することを薦める方針(攻めの進路指導)なのかもしれません。そうすれば合格率は上がります。
 そうです。合格率も、予備校の方針で変わるのです。どちらの予備校も、生徒のためを思って指導しています。だから、合格者数をアピールするから良くない予備校とはいえませんし、合格率が高くても良い予備校とは言えません。
 数字だけでは判断できないのです。


最後に。

さて、今回は石川県の三大予備校さん(金沢駅西予備校・金沢中央予備校・金沢育英予備校)の比較しました。ざっと見ただけでも特徴は三者三様です。

あなたに一番フィットする予備校が見つかりましたか?

「すごい講師が授業をしてくれるからいい予備校だ」「難関大学に合格している人数が一番多いからいい予備校だ」「学校の先生やまわりの子から評判がいいからいい予備校だ」

と思ったあなた、大間違いですよ!

予備校選びは一生を左右するものと言っても過言ではないので、しっかりあなたに合った学校を選ぶようにしましょう。

そのためには、まずは自己分析も大切です。
● どんな生活サイクル?
● どんな性格?
● 一番集中できるのはどんな時?
・・・etc

そして、ホームページや、パンフレット、実際に校舎で説明を聞いてから選びましょう。分からないことは、なんでも質問したほうがいいですよ。


グレートグリットもよろしく!

金沢駅近くの通いやすい立地に、もうひとつの予備校、Great Gritもできました!
Great Grit(グレートグリット)は、2020年に金沢で開講した予備校です。一人ひとりの第一志望校に100%合格することを目指している予備校です。

一人ひとりの学力や志望校に合わせた年間スケジュールを、パーソナルトレーナーが作成し、日々目標を一緒に取り組んでいくイメージです。

そう、イメージにピッタリなのは某パーソナルトレーニングジムのライ○ップです!結果を出すためには、周りに振り回されることなく、自分のペースでひたすら課題をこなしていくことが必要だと思います。

三大予備校さんとはまた全然毛色が違う予備校なので、「こういうの、自分に合ってるかも!」と思った方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね☆