開校前、理想の予備校を石川県金沢市に作るために、多くの浪人生の保護者様にインタビューしました。実際に子供を予備校に通わせた経験のあるお父さん、お母さんの声はとてもリアルでした。もし聞いておかなかったら、、、大変でした。分かっているようで、受験生や保護者様のニーズを耳にすることはなかったでしょうから、本当に助かりました。

※このページに登場する名前は全て仮名です。


小論文も教えてほしかった・・・

二次試験に小論文があるのに、小論文を教えてもらえなかった。先生に頼むと、「今度見るから書いといて」と言われて、それっきり。

avatar
安田 悠里さんのお父様息子は現役時代に入りたかった大学には結局入れず。
Great Gritの小論文指導

専門知識、書き方を学んでから大学別課題(過去問や予想問題)を添削します。小論文も一つの大切な受験科目。特に、国立大学の医学部や、慶応大学の一部の学部では小論文の配点が高く、勉強が不可欠です。グレグリでは、早ければ4月、遅くても8月から書き方の学習や、専門知識の暗記を始めます。ここでしっかりと小論文を書く技術と知識を身につけます。その後、志望校の過去問や予想問題を書いて添削指導をします。添削指導は無制限に行いますが、最初の学習をしっかりしてから書けば、3〜7回の添削指導で上手に書けるようになる人がほとんどです。


本当に英語は必要ないんですが・・・

英語はセンターでもほぼ満点。それなのに、予備校の授業は基礎文法から。その時間を勉強に使いたかったけど、英語を選択しないことはできないと言われました。どう考えても、毎週10時間も英語の基本文法に使うなら、数学や英語のハイレベル問題の演習をしたかった。

avatar
牛島 裕也さんのお母様国公立大学に合格できましたが、半年も基礎からやる授業はいらなかったと思います。
Great Gritの合格スケジュール

得意科目は過去問や、難易度の高い問題演習から開始。難関大学を目指している場合も、苦手科目はあるものです。基礎からきっちり復習してから、共通テスト対策→二次対策と進めます。


英作文は自分で対策しました。

娘は予備校に入学し、現役時代とは比べ物にならないほど頑張りました。センター試験対策も順調に進み、11月には2次対策ができるようになりました。授業でも難易度の高い問題演習になり、どんどん実力が付いているようで、模試の偏差値も上がっていました。しかし、ある日、模試を受けて気付きました。国立大学の二次試験で必須の英作文がまだ全然書けないことに。予備校の面談のときに相談すると、「あ、それならこのテキストを買ってやっておいて。解りやすいよ。」と言われたそうです。添削をお願いしても、気持ちの良い返事が返って来なかったので、自分で通信添削講座を受けることにしました。合格できたから良かったけど、できればそれもやってほしかったかな。

avatar
福山沙也さんのお母様予備校に通ってよかった。でも、予備校に入ればそれだけでOKではなかった。
Great Gritの指導体制

合格に必要なことは全てやります。英作文・小論文はベテラン指導員が無制限指導。


夏期講習は強制ではないですが・・・

息子の持病が悪化し、手術をすることになりました。そこで、予備校の授業がない夏休み中にすることにしました。半分ぐらい参加できないので、夏期講習は申し込まないと予備校に伝えると、夏期講習に参加しないと、自習室も使えないと言われた。自習が受験生にとって授業と同じくらい大切だから、1つでも申し込んでおいて欠席するのはどうかと提案された。結局、そのことが親子で納得いかず、通うのを止めて家で勉強することにしました。

avatar
富澤 奏太さんのお母様講習は別料金。半強制なんですね。事前に調べておけばよかったわ。
Great Gritには講習はない

グレグリに夏期講習はありません。入学から合格までずっとあなたの席があります。浪人生は学校が無いのだから、夏休みも冬休みも関係ありません。別料金が発生する講習はいらない!

これもいい経験ですけどね。

高校時代に目指していた関関同立(の中の一つ)が諦められず、浪人することに。1年間浪人して、それなりに授業を受けて、宿題をして、、、現役時代と同じような生活をした。成績は変わらず。結局、ずっと現役時代と同じ成績で、受験した大学も同じでした。

avatar
坂川 輝くんのお母様現役時代と同じ生活をもう一年しても、成績は同じですよね。
Great Grit生の学習量

グレグリ生の圧倒的な学習量は、現役時代とは比べ物になりません。テキストを1冊1冊、完全にできるようにします。試験をして、成績が上がらない方が不思議です。


番外編:もちろん、満足している皆さんからの声は出てこないので、上でご紹介したのは、一部のケースだと思いますが、ちょっと心配になりますね。じゃ、県外しかないね。ってことで、県外の予備校に行く子も少なくありません。テレビで見るような講師の授業が実際に受けられることもありますし、どの講師のレベルも高いのは確かなようです。

県外の予備校なら安心だと思っていました。

県外の有名な予備校に通わせました。県内予備校の説明会にも参加しましたが、やはり、都会の予備校講師の方が優秀な気がしたのです。また、友達がいないところなら、集中して勉強できると思ったのです。高校時代はとてもまじめだったので、都会に行っておかしくなってしまう子ではないと思っていました。しかし、そんな息子が、毎日のように遊んでいる写真をインスタグラムに投稿していることを彼の姉が知りました。大学生になった友達や、予備校で知り合った友達と遊んでいたようです。それを知ったときは、すでに9月でした。結局、現役時代と成績は変わらず、去年も滑り止めとして受けて合格していた大学を今年も受験して、進学することになりました。浪人させなきゃよかった。

avatar
矢崎 竜也さんのお母様うちの子に限って。そう思ってましたが・・・。