英語の共通テストは、他教科のものほど大きな変化は見られないが、とにかく長文が長くなる。

発音・アクセント・文法問題は出題されない。
発音・アクセントの勉強は不要。
文法問題を暗記する必要はないが、正確に文の内容を理解するのに必要。
文法問題を解くことが目的ではなく、長文を解くために文法を使う。
共通テスト時代にはVINTAGE, NEXTAGEより、こちらを優先したい。
文法よりも重要なのは長文読解。
センター約4,000語、共通テストでは5,000語を超える。
これまでの発音・アクセント・文法語法問題が長文になったと考えればよい。
設問を1問1分で解くとして、長文は1分間に150語の速度で読まなければ時間が足りなくなるだろう。センター試験なら1分間に80〜100語で読めば余裕だったので、共通テストでは1.5倍のスピードで読めなければ時間がなくなる。まずは、君の読解スピードを測ってみよう。読解スピード(Word per Minutes)を測れるサイトはこちら。TIMED READING