予備校グレートグリットには、特待生(奨学金)制度はありませんし、今後、導入する予定もありません。

予備校の進学実績のために、難関大学に入れそうな生徒だけ授業料を免除したり、割引することに抵抗があるからです。

偏差値50から金沢大学に合格することと、偏差値65から京都大学合格に合格すること。どちらも、簡単なことではありません。私たち予備校にとっては、同じだけの指導メソッドが必要です。そして、どちらも、生徒の皆さんにとっては、大きな目標達成であることに間違いありません。

つまり、特待生(奨学金)制度のメリットは、予備校側の進学実績を上げること以外には考えられないのです。受験生やご家族中心の目的が思いつきません。

私たちが欲しい実績は、「難関大学に○人合格!」ではありません。

入学時の第1志望校に全員合格」です。